スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう家猫だね。

カメラを取りに行くと逃げてしまう智花ちゃん。
ケージ修行ができなくて家野良になるのを覚悟していましたが、急に近くに来るようになりました。
10センチくらいのところまで来ておねだりするように ジーっとみつめるマンマルお目目。
「なにたべてるの???」「お酢でしめたお魚だよ。チーちゃんは食べられないと思うよ」と鼻先に持って行って臭いをかがせる。。。ぺろぺろパク。。。
うっそ~~~。ためしにもう一個 もう一個 お酢だよ~。すっぱくないの???
ある日は大きな煮干し歯固めだな~。と渡せば、「おかわりないの?」CIMG0318.jpgCIMG0319.jpgCIMG0320.jpg



お魚が好きです。お肉は鶏肉が好きです。最近では自分のごはんを残しておいて おねだりに来ます。 もうもらえないとわかると残しておいたご飯を食べに戻るちゃっかりさんに変身しました。
頭なでようとすると逃げちゃうけど。。。
この仔は私たちを信頼しているのではないかと思うのです。もう修行はいりません。
我が家にきて3か月 確かに家の仔になりました。スリスリになるのは時間の問題です。
もう、智花はレスキュー猫じゃない。 こんなに近くで人間に甘えている。
不細工な御顔だな~と思っていたこの仔が、花が咲いたように輝いていた。(そう期待してつけた名前でした)
「この仔うちのこなんです~!」自慢したくなるような内面からの輝きを感じてならない。
よく頑張ったね。 これから長い日々が新たに始まる。
智花。改めてよろしくね。卒業です。 後はあなたの思うままに暮して行っていいんだよ。
限られた世界だけど、安全で平和で あなたを脅かすものはなにもない。。。

みなさん、智花の事応援してくださってありがとうございました。
思うようにならない智花に手を焼いて つらい時たくさんの方が励ましのコメントをくださいました。
皆さんがいてくださって本当によかった。支えてくださってうれしかったです。
CIMG0314.jpg


後は愛ボンの修行だけです。この仔は違った意味で時間がかかるかもしれませんが、私の中では もう何の心配もしていないのです。
もうしばらくの間 見守ってやってください。

スポンサーサイト

comment

Secret

No title

読んでいてまたもウルウルです~e-259
でんすけママさんも、ち~ちゃんも頑張りましたね!
でも、ち~ちゃんは、最初っからでんすけママさんのおうちの子になるって、
決まっていたんですよ!ゼッタイに!
だから、いっぱい自慢してくださいね~。
愛ちゃんのことも、一緒に自慢してください。
おうちの子になっても、2にゃんの近況はお知らせくださいね!
でんすけママさんの書く文章が大好きですe-266

ひかりさん

おはようございます。
智花は3か月でした。レスキューされて4か月弱です。
最近では先住たちも近くにいることが多くなりました。
後に続く仔のことを考えると 早くスリスリにとあせっていたのですが 皆さんのコメントを読んで「あれ?」と思い自分のブログを最初から読みなおしてみたんです。
智花はすでに別猫のように変化していました。
目が覚めた~。(笑う) 合格点超えてました。
この切なく可愛いお嬢さんを大事に守っていこうと思います。こんな誤字脱字だらけの文章をきにいってくださって。。。  感謝感謝。
ひかりさん、機会があればお会いしたいですね。


No title

初コメです!
でんすけママさん、いつもコメントありがとうございます。

智花ちゃん卒業おめでとう。
こんなに甘えん坊さんならスリスリも時間の問題だね。
愛ボンも頑張れ!
でんすけママさんの優しさは、きっと愛ボンにも届きますよ!

No title

智花ちゃん、卒業おめでとう。
おねだりするまん丸おメメも、ベッドでの余裕ぶりも、
堂々たる家猫ちゃんですね。
やさしいママさんや家族に囲まれて、
智花ちゃん幸せだね。
智花ちゃんの幸せがみんなも幸せにしてるんだよ。

でんすけママさんの思いは智花ちゃんに伝わってたんですね。読んでて嬉しくなりました。

おめでとうございます

掲示板を見てすっとんで来ました。
こちらでははじめましてですが、こっそり覗きにきてました。

智花ちゃん、家猫修行終了おめでとうございます。
3ヶ月・・・長かったようで短かったかな。
我が家の家猫修行(りっくん)はまだまだですが、悩んでるのは1人じゃないんだなってあらためて思いました。
やっぱり思いはいつか必ず届くんですね。
さ~て、我が家ものんびり焦らずに頑張るぞ!



No title

智花ちゃん家猫修行の卒業おめでとうございます。

>もう、智花はレスキュー猫じゃない。 
>こんなに近くで人間に甘えている。

でんすけままさんのこの↑言葉にウルウルです。
たくさんの愛情をありがとうございます。

智花ちゃん

レスキュー猫卒業で、すっかり家族ですね。
良かった!良かった!
うちも、よんは半野良状態で、自由に楽しく過ごしてます。
ゴロスリ猫ではないけど、充分信用してくれてるのかな・・と勝手な思い込みで過ごしてます。

No title

黄門様~。
初コメありがとうございます。
昨日はケージ外で鼻を触りました。頭を触ろうとすると振り切るんですよ(苦笑)正面から手がくると怖いみたいです。鼻の一番くぼんだ目と目の間をくにゅくにゅするのはペルシャ全般が好きなんですよ~。
愛ボンもここには寛大です。(笑う)
本当。スリスリも時間の問題だと思います。


ドンママさん、
先週ほぼ毎日AMは外出したり仕事していたりして 近くにいなかったんです。それが良かったのか急に変わってきて、炬燵もどきを作ったのもよかったのかな~???
智花が食いしん坊でよかった~。(笑う)
後は先住との猫団子がみたいですぅ。


りえさん、
駆け付けてくれてありがとうございます。
怒涛の三か月でした。(大笑い)
本当に隣の芝生でよそは順調に見えてしまいますね。
でも、この仔たちどこに行ってもみな同じ血を受け継いでいるので レスキューの早い遅いはあるものの 大きな違いはないのではないかと思いました。
りく君もこれからが早いと思います。
愛ちゃんもここ二日ほどドアを開けてもシャーシャー言いません。このまま続くといいな~。いつ自分から頭出してくれるんだろう?楽しみです。

No title

かつぶしさん
コメントありがとうございます。
ペルシャ100には特別な思いがあって気負いすぎていたみたいです。(笑う)気がついたらちょっと警戒心の強い普通の家猫になっていたのに。。。
ちゃっかり娘で何か欲しい時はすぐ近くに来ています。
目があっても逃げなくなりました。
愛ボンですがここ二日ほど扉を開けてもシャーシャーいいません。おとなしく頭なでられたりして。。。
楽しみです~。


にゃーたろうさん、
半野良状態でもすごい手ごたえありますよね。
智花も運び屋です。よんちゃんが砂糖の袋を運んでいたと聞いて驚いたのですが、最近お飾りの陶器のコーヒーカップを運んでいました。(笑う)
昨日は泣きながら赤トウガラシの袋です。
時々お父ちゃんの部屋から洗たく済みのソックスとかを診療室に運んであって お客さんがベットにつぶせに寝て顔の穴から下を見たらソックスがあり、度肝を抜かれました! お父ちゃんのパンツでなくてよかった~。
その後、お父ちゃんに「ちーちゃん、お願いだからパンツは持っていかないで。。。はずかしいからね。」と頼のまれていましたよ。笑わせてくれます。やっぱり、我が家に来るべきして来た子だ~と思いました。

うれしいです・・・

パソコン画面が開けなくて、なかなか来れませんでした。
でもいつも元気かなぁって思って気になってました。

家の中にいるのに野良状態・・・さぞかしお辛かったろうとお察しします。
実は我が家の三毛猫「み~ちゃん」は外猫二代目で、越してくる前からご近所さんがご飯をあげててかろうじて・・・というレベルのビビリちゃんでした。
それが何故だか私のそばに寄ってくるようになり、赤ちゃんを産んだのでウチの子にしました。
でも、懐いたと思って安心したものの、そこからが長かったです。
子猫は離乳するまでベッド下に隠そうとしたり。音がする度に走り回ったり、縄張りが家の前なので何度も隙を見ては窓やベランダから飛び降り脱走・・・。
心を開いてくれているとは到底思えず、今まで捨て猫は飼ってもオトナ猫を飼う経験のなかった私は、人馴れしていない猫と暮らす寂しさを感じました。
ここ数年は一切その様な事もなくなり、穏やかに過ごしています。

今では電気を消すと真っ先にベッドにもぐりこんでゴロすりです・・・当時の面影はありません。
こんなに愛しい存在になるのですよね。
ち~ちゃんも、私がシェルターに行ってお世話した頃とは、お顔が違います。
自分のおうちってわかっているんですよね・・・心を開くまで頑張って見守って下さったママさんたちの愛情がグッときました。本当に感謝しています・・・。
今はお世話にも行かれませんが、また何とか参加出来るように頑張りたいと思いました。
こうやって可愛らしく幸せな姿を見せていただける事が、シェルタースタッフの励みになっているのだと思います。
ありがとうございます。


さなぺこさん

おげんきですか~?
コメントありがとうございます。
ペルシャ100はチョコママさんのブログで知りました。
ちょうど老猫を見送った後で心は動いていましたが、大人の猫を里子にと考えた私とあくまでも仔猫の可愛さを満喫したい主人と意見の間に相違があり、ショコタンを里子にいただきたいとメールさせていただいた日。さなぺこさんからいただいたメールからペルシャへ向かう追い風が吹いてきました。前々から年をとっていく自分たちに見合う猫を飼っていきたいと思っていた私は貰い手の少ない大人の猫と向き合っていきたいと考えていましたが、実際経験したことがなかったのです。今日はシェルター訪問に行って来たのですが、ねこまろさんとkittieさんはジャラシで猫たちと遊んでいるのですが、私はケージに恐る恐る手を入れては怖がらせてしまい。。。(苦笑)
どうしてよいのかわかりません。普段から先住の猫たちにも頭をなでたり抱っこしたりはしますが、それ以上の関係を持たない人なので 我が家の仔はどの仔も静かな子ね~と言われてきて、子供もいないせいかな~と考えていました。皆さんのようにピンときた仔はいません。みんなが同じように可愛くて。。。きっと選ぶタイプの人ではないのですね。(笑う) でも、ご縁があった仔は必ず幸せになってもらう自信はあります。
智花でよかったと思います。きっと智花は私のことが好きになっていると思います。家猫になったらこっちのものですよ!1年2年後にはべたべたの甘えん坊になると思いますよ。 振り返れば私にしてはずいぶんと無謀な試みだったと思いますが 私たち家族はとても幸せに思います。
べたべたになったら写真送りますね!
又コメントしてくださいv-415
プロフィール

でんすけママ

Author:でんすけママ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。