スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行詰る そして 方向転換へ

毎日智花と愛助の世話をし観察をしてきた。
智花はレスキュ-されてから二週間もしないうちに我が家にやって来た、愛助も翌週に。。。
二匹ともすぐにお部屋フリーでした。
最初はそれは良いことだと思っていた。
一か月経った。 どうだろう? 確かに先住には友好的であり、家にはなれた。 伸び伸びとヘソ天で寝たり ご飯の催促に来たり。 表面的には大きな変化があったように思う。
では、人慣れはどうだ?

人慣れ。。。 ここが引っ掛かりになっている。。。
相変わらず 家野良であることに変わりはない。。。
餌やりのおばさん それだけである。 これでいいのか?
というより、ここから先 自分たちが望む大きな変化があるのか?
皆が幸せになるのか?
ミソカはストレスで食事もできない。 激やせ状態。 老猫世代に足にを突っ込んだ彼にとっては危険だ。
海はどうだ。 一見ミソカほどのダメージはないものの 大食い海の食事量は激減状態。
マイペースで高みの見物を決め込んでいるのは 救いだ。
チビたち二人は。。。
智花は心を開いていないと思う。 穴倉卒業からヘソ天で寝なくなった。
常に警戒心と背中合わせの心。
愛助はいつも足を投げ出して寝る。毎日ヘソ天。
ほかの子の餌を探しては食べるその量は病気かと思うほど。。。
ご飯を指先につけてやると食べる。
目覚めている時は決して触らせようとしない二匹
自分たちの必要が満たされれば 人間の手の届かないところでくつろぐ。。。

自分は間違っていたんじゃないのか? 
一か月を過ぎたあたりから その疑問が心に生じた。
可哀想だから 自由にさせてやって 家野良として 一生愛せますか?
難しさを感じる。。。
悪いことをして叱れば 怯える。
しかし 持論ではあるが しつけは我が家において必要不可欠である。
しつけができていない子は最終的にはうとまれるようになるから。。。
なぜ? それは動物と人間との共同生活だからです。
愛すればこそ しつけは必要と思う自分はこの仔たちにどう向き合ったらいいのか?

掛かり付けの獣医師に相談してみる。
先生は凶暴な野良猫や人間に虐待された子を引き取り人慣れをさせて 里親に出す。

ゲージに戻すことを勧められる。
名前も呼ばず声もかけず 唯、日に2度のごはんと水の供給 そしてトイレ掃除を黙々と続けるように。凶暴な子でも3か月。 最初は大暴れして攻撃的な子でも、ビビりーで部屋の隅で震えている子でも 徐々に人間との信頼関係が育ち ゲージの手前に出てくる。 
そして すりすりのべたべた猫のなすそうです。

今病院に残っている子が10匹を超える。里親を見つけられない足のない仔、片目のない仔、頭が一部欠落している仔。ビジュアル的に里親さんが見つからない子は皆先生が引き取っている。
本当に幸せそうなこの仔たちは今でも病院の御休み時間しかゲージから出ないがフリーになったときなとてもフレンドリーだ。

水曜日にゲージを組み立てた。 毎日ゲージの中に御飯をおく。
三日目の朝 二匹とも中で食事をする。
そーと。ドアをしめた。
暴れまくる智花を見ていられなくて 部屋を去る。
今落ち着いて愛助の毛づくろいをする智花。
家にきて初めてのブラッシングをした。

今日から再スタートします。
私たち家族全員の幸せのために。。。
スポンサーサイト

comment

Secret

No title

私も今朝、先住猫5匹のワクチンで病院に行ってきて、
すぅちゃんとの接し方について、いろいろと考えこんでしまいました。
でんすけママさんは一念発起されたんですね。また、経過や様子を教えてください。

No title

ネコ12すきさん、

コメントありがとうございます。
今、私はつらいです。
でも 先を考えるなら やりきらなくてはと思います。
時々様子をUPします。
励ましてください。

No title

そうなんですね…
でんすけママさん、思い切りましたね。
つらいでしょうが、みんなの幸せのために頑張ってくださいね。
読みながら、私もいろいろ考えてしまいました。
ケージから出て、あちこち探検するようにはなりましたが、
撫でようとすると警戒し、時に威嚇する。
気に入らなければケージに篭りっぱなし。
そんな姿も可愛らしいなんて思ってましたが、
本当にセナとの距離が縮まっているのかなぁ…。
またいろいろ教えてください。よろしくお願いします。

No title

ひかりにゃんこさん、

コメントありがとうございます。
セナくんは家のチビたちとちがって 墨田さんのところで一か月以上ゲージ暮らしを経験していると思うんです。お部屋フリーになってもゲージにもどるという状態で生活していると思うので。。。
チビたちはゲージには決して戻りません。ゲージ生活が短すぎて、ゲージを自分の場所としての認識がないのが問題だったのです。
同じ時期に里子になったとはいえ その点では土台が異なるので 同じ心配はなさらなくていよいとは思うのですが。。。
とにかく 頑張ってみますので 見守ってください。

No title

家慣れ、猫慣れは優秀な子達ですが人馴れについては時間が必要のようですね。
私が動くたびに慌てて逃げる預かりっ子たちを怖がらせないように私は壁に身体をこすり付けて移動しています。
ここは私のうちなのに…なんて思いながら。
マリンの同期のチャイ君は2ヶ月半ケージ生活をし、ごろごろにゃんこになったと聞いています。頑張ってくださいね。
先住ちゃんたちの体調が早くよくなりますように。

No title

にゃんぴょんさん、

コメントありがとうございます。
にゃんぴょんさんはお家で忍者修行中ですね。
預かりの子には気を使いますね。
私もわが子なので半年くらい家野良してもいいかな~と
思っていたのですが、先住が年寄りなのでかんがえてしまいました。

先生は慣れてきてもお部屋フリーだと逃げ場がありすぎるので 何年も家野良暮らしの可能性大だから ゲージに戻したほうが良いとアドバイスされて。。。
でも、つかまらないから どうしようと思っていたんです。
智花が警戒心が強い子で やっとゲージに入ってご飯を食べたのでスタートでした。
ちゃいちゃいくんのブログにも行ってきました。
すごいスリスリっこですね。
がんばります。
只 二匹一緒は人慣れに関しては難しいと思っているので ゲージを上下でわけようかな~と
シェルターの後を追っているような私なんです。

はじめまして!

こんにちは。初めまして銀ママと申します。

少し前からペルシャレスキュウを知り、関連のブログを覗いたりしていました。

でんすけママさんのブログも、愛助ちゃんが可愛くて時々のぞかせていただいていました。

今、家に居るペルシャの銀杏も、今回のペルシャレスキュウほど深刻ではありませんでしたが、多頭飼いのところから貰ってきました。

でんすけママさんや他の方のブログを読ませていただいていて、明るくふるまっていても、心を開いてくれないニャンコに空しさや寂しさを、感じ取らずにはいられませんでした。(なんか文章へんですが、)

私も当時何のために一緒に居るのか分からなくなって苦しい思いをしました。

でも!!!!!

大丈夫です!!!

信じてください。信頼が愛情を生んでくれると思います。

私の場合はニャンコから癒しが欲しくて、でもいつまでたっても心を開いてもらえなくて寂しくて苦しかったです。

主人は、返すのも一つの方法だと言いました。(でんすけママさんのご主人は絶対言いそうにないですよね^^)

そこまで言われたらハッと我に返って、、、自分が欲しいものはまず与えようと、、、。(結構自己主義です;)

それからは、愛情と信頼をこれでもかって言うくらい、、、いつかは、と信じるしかなかったです。

ちなみに、家の銀杏はかすかなゴロゴロ聞くのに二年、空中(直接ではない)ふみふみがつい最近の四年目でした。
でも今では心のつながりは誰にも負けないですよ。銀杏も私が居なくちゃもういられませんよぉぉぉ^^

いろいろな事情があるので大変だと存じますが、、、応援しております。

そしてペルシャレスキューに関わったすべての方たちに感動しています。

ながくなりました、ごめんなさいです。

No title

とっても、考えさせられる内容でした。

うちの預かりロミちゃんも、早くフリーにしてしまい、今はケージに戻りたがらないし、素手ではつかまりません。
普通の家の暮らしに慣れればいい、って思ってましたけど、人間とのしっかりした信頼関係を築くって、里子に出てからの生活に、とても大事なことなんですね。

かかりつけの獣医師の方のアドバイス、次に預かる子のときには参考にさせていただきます!

No title

ちぃちゃん、愛ボン

ケージは嫌なところじゃないよ
おうちの中の 小さな隠れ家。。。

その 秘密の基地でまってるとね
優しい手が 伸びてくるよ。

ひろ~いおうちにいたときは
遠くから ブウン!って飛んでくるみたいで
こわかったものが

本当は、こ~んなに気持ちよくしてくれる
魔法のおててなんだって

ごめんね どうしても、知ってほしかったんだ。


だいじょうぶでしょう?
痛くないでしょう?
ぜーんぜん 怖くないでしょう

ねっ。
すりすりしてごらん

きっと、世界がかわるよ!

No title

銀ママさん

ありがとう!思い切ってコメントしてくださったんですね。v-238すごくうれしいですよ。
銀杏ちゃんの様子も教えていただいて 参考になりました。 私の憂いは銀ママさんにばればれだったんですね~。
これからも愛助のこと見守ってやってください。
コメントも楽しみにしていますから。

No title

ぷーめぐさん、

こんにちは。コメントありがとうございます。
本当に考えさせられますねよ~。
わが子にした私が考えちゃうんですから、お預かりのロミちゃんはもっと考えちゃうんだと思います。
でも、やってみてうまくいけば 続く仔たちの前例ができる!かーさん がんばるよ~。
と言いつつすぐ自信がなくなるんですが。。。
こうして皆さんがコメントをくださると力が出ます。

No title

ねこまろた~ん。

ありがとう!
そうだよね。かーさんも頑張るから又応援コメントしてね。
プロフィール

でんすけママ

Author:でんすけママ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。