スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの日。。。

初めてシェルターを訪れた日は10月4日だった。
エマ、クララちゃん、キララちゃんとのお見合いのため本所吾妻橋まででむく。
まさか!浅草の隣駅だとは夢にも思わなかった。
当日父さんの体調が良いので同行してもらい 何とか到着。
一匹里子にもう一匹は預かりっこに考えていた。(本当は自信はなくドキドキだった)
8月に老猫を見送ったばかりで 自律神経のバランスは目いっぱい崩れていた。
丈夫な子でないと・・・ 病弱な子の通院は今の自分には正直自信がなかった。
3匹はおとうちゃんが必ず抱き猫になると選んだ子だった。
正直かーさんは黒っこの女の子が欲しかったが この仔たちをわが子にするために
この度は自分の好みは捨てた。
シェルターにつくとおとーちゃんは落ち着かない。
エマの所には注意を向けるが クララとキララには目もいかなかった。
二匹は隣と上のゲージにいた。
クララはマンマルお目目でじっと見ていた。
キララは厳しい顔をしていた。
か~さんはキララが気になった。この仔をあずかろうと思い お父ちゃんに紹介するが全く反応がない。。。
すでに「お家決定」の愛ボンが気になってしょうがない。
エマに決定して 預かりはままならず引き上げることになる。
挨拶をして シェルターを後にすると 背の高い優しそうなスタッフさんに声をかけられた。
「里親さんですか?」 「はい。エマチャンに決めました。」
その瞬間、スタッフさんの左目から大きな光ったものがポロリと見えた。
そっと目頭を指で押さえた。と同時に「よかった!よかった!」と
「必ず大事にしますから」と約束して帰途に就いた。
その時 スタッフさんすべてが同じ思いなんだと気づいた。
このひかる涙が「預かりっこクラブ」の原動力なんだ と思った。
必ず一匹預かろう。 浅草への帰り道でお父ちゃんを説得する。
お父ちゃんは預かりっこが 海ちゃんと仲良くなったら手放せなくなる とOKがでない。
だめかもしれない。 キララのふてくされた顔が目に浮かんだ。
数日後 ピコがわが子に追加されることになった。
赤い糸があるのか~。 そう思わざるを得なかった。
それはそれで いいことだ。 うん。 いいことだ。
キララにも必ず赤い糸がある。
だって、凄腕のマネージャたちがついているもの。
がんがん売り出してくれるよ! このプロダクションは!
と思えるようになった。
スタッフのねーさんたち、 よろしくお願いします!

それから。。。 あの時の背の高いおねーさんは何さんだろう???
これ見てたら コメント入れてくださ~い 

ありがとう。 みなさん。
皆さんは自分の都合とは関係なく この仔たちをたすけてくれた。
身銭きって、睡眠削って、休みの日もなく。。。
ありがとうございました。
智花も愛助も 今こうしていきています。
ひだまりのなかで 手足をのばして爆睡しています。
スポンサーサイト

comment

Secret

初めてシェルターに行った日、
うちにお届けに来て頂いた日の
スタッフさん達の事を思い出して
私も泣いてしまいました。

私もねこボランティアの経験はあるけれど
皆、金銭的にも時間的にも
自分の生活の
空いた範囲内で活動していたので
預かりっこのように、ここまで頑張るボランティアさんを見たのは初めてでした。
大変な現場なのに
こんなに沢山の人が集まって
仲良く笑い合って、元気に作業されているのを見て
胸がいっぱいになって
帰路についたのを思い出します。

愛情のバトン、我が家も
しっかり受け取りました
絶対に幸せにします

No title

ねこまろさん、

コメントありがとうございます。
私も幸せのバトン大切に繋げていこうと思います。
長生きしようねv-411が合言葉です。

No title

おはようございます。
もう、1ヶ月近くなるんですね。
かーさん、泣いちゃいました。。。

背の高くて、ショートカットの方じゃないですか?
ぶーちんさんだと思いますよ!
あの方は、なぎさちんさんと一緒の里親募集担当の方です。
伝えておきますねv-291

No title

にゃーたろうさん、

コメントありがとうございます。
ぶーちんさんじゃないんですよ。
ぶーちんさんとゆきね~さんはなぎさちんさんと一緒に
シェルターの中でお話しさせていただきました。
ぶーちんさんはあったかい気さくな感じの方でしたが、
背が高くてショートカットまでは合っているんですが。。。
ぶーちんさんとさよならしてシェルターのドアの前でお会いしました。
ぶーちんさんより背が高い方だと思います。
その方はエレベーターの前で遅れてくる髪の長ーいスタッフさんを待っておられました。
だれかな~。 ぶーちんさんにはよろしくお伝えくださいね。

No title

でんすけママ♪
こんにちは~
昨日PC開いてビックリしました!感激しました!
なぎさちんのところから、うちのHPまで・・・(涙)
猫三昧のHPになっちゃいまして、ごめんなさい^^;
でんすけママとは、本当にご縁を感じます。
これからもよろしくお願いします。

あの時の背が高い おねーさん・
おねーさん までは合っていますが、う~ん、私じゃないことは確かだわ。
あの後、確かにスタッフが来たんですよ!
そこまでは覚えているんですが、どうしても思いだせニャイ・・(涙)
あっ、もしかして、アベさんの里親さんでもあるOさんかも???
早速確認してみますね~

No title

もうあの日から一ヶ月が過ぎてしまいましたね・・・

えっと、もとじと申します。
と言っても男性ぢゃありませんよ(あ、既に女性と認識して頂いてましたねv-238ありがとうございます。)
でも、学生時代はよく間違われていましたけどv-359
ブログ、微笑ましく読ませていただきました。

あの時は「わざわざご夫婦でお見合いに来て頂いたんだ。優しそうな方達だし、ご縁があればいいな」と思ってお声を掛けたんです。
そしたら、「決めました!家の子にして絶対に幸せにします!!」とキッパリ

その言葉を聞いたとき、本当に嬉しかった~

あのね、チーちゃん、愛ボンくん
か~ちゃんは、とっても毅然として自愛に満ちて見えた
と~ちゃんは、とっても頼もしく見えた

それで心から思ったの「ありがとう 宜しくお願いします」って・・・

本来なら、会う事も無かった人達が「猫」を通じて出会い、協力し合い、共に泣き、笑い、喜び・・・そして、赤い糸の先の「家族」の元に猫達が巣立っていく

家猫修行中の皆も、きっと出会いはもうすぐだよ
チーちゃん、愛ボンに続こうね
今度は誰の幸せ報告の番かしら?

No title

ぶーちんさん

こんにちは。コメントありがとうございます。
私も驚きました~。 ぶーちんさんのブログだったとは。。。
2002年から2003年に一気に増えた家の猫もみ・ま・し・た・よ~!
気絶しそうでした。そういえばお見合いの日に「ひとけたの時は楽だったな~と思う」といっておられましたね。
読みながら こーいうことか と納得いたしましたよ。
川も楽しみにしています。

こちらこそよろしくお願いします。

No title

もとじさ~ん。

コメントありがとうございます。
たどりついてくださって!!うれしいです。
あれから あなたのことが忘れられなくて お名前だけでもと思って あの時のこと書いてみたんですが。。。
よかったです。
これからもよろしくおねがいします。
プロフィール

でんすけママ

Author:でんすけママ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。