スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みなさん、ありがとうございます。

数日ぶりに自分のブログに来てみたら。。。
こんなにたくさんの方からのコメントが。。。
驚きました! そしてありがとうございます。
もちろん、智花や愛ボンのその後はいづれupしたいと思っています。
でんすけ君やいくらチャン、ミソカちゃん、海ちゃんとの出会いも書きます。
ただ、少し時間をいただきたいと思っています。
みなさんに楽しみにしていただいたとはつゆ知らず。。。
でんすけやいくらのこともネタがない時のつなぎに書いていたので(苦笑)


預かりっ子の智花や愛ボンの家族が一匹一匹幸せななっていくのを見ていきたいです。
やさしいそして頼りになる里親の皆さん!これからもよろしくお願いします。
そして、スタッフのみなさん、預かりっ子の素晴らしいところは 「理性と自制」にほかならないと私は思っています。これからも皆さんの忍耐がこの「理性と自制」によってまっとうされていきますよう心から願っています。 こんな素敵なスタッフさんたちに巡り合ったペルシャっこたちは幸せです。
遠くから応援していますよ~。

一人一人の皆さんのコメントに返事を書くと寂しくなってしまうかーさんなので、これを持ってお返事とさせてください。 本当にありがとうございました。 

寝ぼけた智花と愛助です。
CIMG0334.jpgCIMG0333.jpg

では、またお会いしましょう。

スポンサーサイト

愛助 家猫修行終了

お父ちゃんから電話。。。

お父ちゃん: 愛ボン今何している?

かーさん:  智花にボコボコにされて さすがにしょぼくれて寝ているよ。

お父ちゃん: あいつ、猫にしつこく甘えるくらいなら 人間に甘えればいいのにな~。お父ちゃんはボコボコにはしないのに。。。

かーさん: まー気持ちはわかるけど。。。 1か月くらい前の智花を追っかけているみたいよ。 智花もあんなだった時があったね。

お父ちゃん: う~ん。 そうだな~。 なるな~。

かーさん: すぐに智花みたいになるよ。 ま~。超ビビリーがこんなふうになったんだから。。。
上等だよね。

お父ちゃん: あいつ可愛いよな~~~。すぐ近くで寝てるよ~。

かーさん: そうそう。 すぐ近くで寝てるね。 今日はお尻と尻尾と後ろ脚なでなでした~。

お父ちゃん: 抱っこさせればいいのにな~。



今はお父ちゃんの希望をかなえてあげられない愛ボンですが、毎日一歩一歩小さな変化があります。
もう 里親募集を始めてもOKです。 な~~~んちゃって、家の仔ですから。。。
最後に一言 すっごい! すっごい! かわいいよぉ~~~~~~!
ピコ
a27_piko  愛助シェルターにて10月2008年
CIMG0337.jpg


みなさんありがとうございました!
これにてこのブログは終了しますが、今後二匹に大きな前進がありましたら又UPさせていただきます。振り返れば随分と自分のキャパをはるかに超える(一度に二匹)チャレンジをしたものですが、皆さんの励ましで何とかここまで慣れさせることができました。
わからないことばかり、失敗の連続に打ちのめされた時 心温まる励ましが嬉しかったです。
これからもシェルターにいる皆の応援をしていきたいと思います!




愛ボンの居場所

フリーになった愛ボンはケージに戻ることはありませんでした。
そんな愛ボンの定位置はテレビ台にしている机の下。となりは自分のケージです。
CIMG0336.jpg
ここを根城にしてこっちでちょっかい出し、ボールを追っかけ遊びまわり、智花ちゃんと追っかけっこして
疲れるとここにきてまったり
CIMG0337.jpg
かーさんのこと見ています。 なにしてんの? 愛ちゃんのいいお顔を一枚とりたいな~。
愛ちゃん、いいこだね~~~。
CIMG0338.jpg
目を細めて答えてくれました。。。
いいとこあるじゃん!

カメラが届きました!

今日は寒いです!
朝から外出して今帰って来たかーさん。
みんなお利口にしていたかな?

愛ボンはソファーの上の毛布にくるまってホコホコしていました。
CIMG0328.jpg

智花ちゃんは最近ミソカちゃんにお部屋を占拠されています。なので元愛ボン邸のベットでまるくなる。
CIMG0329.jpg

海ちゃんはベットで布団にくるまれていました。
CIMG0330.jpg

ミソカちゃんは智花のお部屋を占拠してマンマルです。
CIMG0331.jpg

みんな~。団子になると暖かいって知ってる?

二番目の猫 いくら Part2

その晩いくらは私のベットの上でふみふみしながら寝た。
ふと気がつくとベットの頭の上の方に黒い影が見えた。 でんすけはジーッとイクラをにらんでいた。
翌月曜日はいつものように出勤です。昨日のでんすけの様子はまことに気味が悪かったが、ひとまずこっちにおいて。。。  でも、きになって急いで帰って来た。
玄関にはいつものようにでんすけが待っていた。 あれ?洗面所で手を洗ってリビングに入る私をいつものようにマッサージ機でまっているでんすけ。 いくら~。いくら~。名前を呼びながら一部屋ずつ明かりをつけていく。。。  にゃ~。明かりが眩しいのか押入れの中から目を細めながら出てくる。
甘えん坊のくせに 何かを気にしていた。 いくらは抱っこができない子だった。高い高いは大好き。
高い高いをしているとでんすけは私たちから離れて、悪魔のように暗い部屋からいくらをにらんでいた。その日からでんすけのいるところでは決して甘えなくなった。
1か月ほどたつと、いくらの髭が一本しかないのに気がついた。猫って髭が生え換わるんだな~?
でんすけはこんなふうななったことなかったけどな~?
休みの日に窓から外の声を聞いているいくらの所にでんすけが来た。いくらのグルーミンを始めた。
心なしかいくらが固まっているように見えたその時に、でんすけの舌がいくらの髭の最後の一本をクルッと掴んでピンと抜いた。。。  いじめじゃん!

つづく。。。

二匹目の猫 いくらちゃん Part1

長男でんすけがわが仔になって一年がたった、下で遊ぶ子供たちの声が5階の我が家にまで聞こえてくる。 でんすけはベランダの掃き出し窓のサッシにペタ~と耳を貼り付けてその声を聞く。
共働きの我が家は朝出て行ったら7時くらいまで 一人で過ごさなくてはならないでんすけ。
必ず玄関マットの上でまっていた。手を洗ってリビングに行く私をマッサージ機の上でまってる。おかげでマッサージ機のマットはでんすけのきったない涙で茶色く汚れていた。
大きなざるをかぶせると喜々として喜んで遊んでいた。 でも、昼間一人はさみしいのだろうか?
か~さんは余計な決心をしたのだ!妹を連れてこよう!
おとうちゃんと二子玉川の東急ハンズにいった!里親を探している仔を見に行ったのだ。
今度は名前が決まっていた。 「いくら」、この名前にぴったりな仔がいたら500円でかってこよう!!
ところがピンとくる仔がいない。 毛が長い仔も飼ってみたかったかーさんは、「おばあちゃんがペルシャなのでクオーター」の仔のケージものぞいてみた。。。 ここにもいなかった。。。
MIXの仔もいたが子猫と言っているのに異様にでかくて白けた。。。
今日はご縁がないのだと思い 多摩川に出てお昼を食べる。 掘立小屋の売店でラーメンと魚のフライにビールを飲んでまったりした。 休日の夏の河原で飲むビールは2,3本開けるとボディブローのように効いてきた。 よ~~~っし!もう一回見に行ってやるぞ~。 止める父ちゃんを無視して東急ハンズに行く。やっぱだめか~?と諦めかけてところに 飼い主宅から届いたばかりの茶虎のメスがケージにいれられた。 この仔だ!!!やけにシラっちゃけたこの仔を連れて帰りたくなった。 お父ちゃんは茶虎は気が強いからやめろと言ったが 強行した!お父ちゃんが反対しても好きにしようと決めてきたのだ!や~い。か~さんはこの頃度重なるストレスで荒れていた。。。好き勝手にしたかったのだ! 「うるさい!」 いくらを2000円で買ってやった。

又ケーキのような箱に入れられたイクラは東急ストアで買い物を袋詰めしたとき そっと中を見たら「シャーーーー!」 確かに気が強いかも。。。

いくらは誰が見ても美少女猫だった。。。

つづく。。。

愛ボンさんのケージ修行の結果

ケージ修行の結果は。。。。。

三か月弱前にはシャーシャー猫だった愛ボン扉を開けようもんならパニックで気が狂うかと思ったほど。。。 お部屋フリーになった愛ボンはまったく触れず、家野良状態でした。

現在は終日勝手にお部屋フリー(夜はケージに入ってほしかったのですが、本人の強い意志もあり、ミソカも落ち着いているので 飼い主たちは妥協することにしました。)でございます。
お鼻チョンはさせますね。なでなでは嫌いらしく受け付けません。やっぱり掌が怖いらしく どういうことなのでしょうね。
足はガードが甘くくつろいでいる時はさわらせるのです。 な・の・で、脚一本ですが、足毛をきってみました。続けてはだめです。ケージ内ではあっちこっち触らせて(扉を開けると駄目でしたが、ケージの隙間から手を入れて触ると触り放題でしたね。ぐるぐるも4回ほど聞かせてもらったのに水臭い男ですよ。
現在はダメでっすうううううう。 どうなってるのかな~?
ま~。あとは時間が解決ですかね。
皆さんにゴロスリになった愛ボンをお見せしたかったのですが。。。ふぅ。。。
ただ、ケージの扉を開けるとシャー再開しちゃっていたのに、フリーでシャーはないので 愛助さんを信じてまってみることにしましょうかね。

フェアリーの検査結果

朝一番で「にゃんこ日和」にチェックに行く。ここ何週間かのかーさんの日課になっている。
KOTOでようこちゃんと呼ばれていた フェアリーの検査結果を待っているのです。
KOTOにいた頃フェアリーにはバルボ疑惑がでていた。しかし、本格的なバルボ検査は行われていなかったようです。フェアリーは「預かりっ子」に引き取られ、この度正式な血液検査をうけたのです。
その結果が出たようです。
以下の結果は「にゃんこ日和」から転記させていただきました。

フェアリーの検査結果は
パルボウィルス 陰性
白血病      陰性
エイズ      陰性
全てクリアしました。

フェアリーをずっと応援してくださっている皆さん。
この結果です。喜んでください。 真実は一つだけです!
フェアリー、おめでとう!
後はやさしい預かりさんのもとで ゆっくりと今までの心の緊張をほぐしてもらってね。
この半年近くあなたは何度も起きた環境の変化で 心が固まっていることでしょう。
もう 大丈夫なんだよ。 ゆっくりゆっくりほぐして行ってね。
これまでのブラックな疑惑を含めたあなたの歴史もすべてを愛してくれる、そんなパパやママが迎えに来るまで ゆっくりと待っていてください。
か~さんも微力ながらフェアリーのこと見守っているよ~。


智花 どこからきたの?

家猫修行を卒業した智花ちゃん、か~さんも少し余裕が出てきました。
パソコンの操作にも慣れてきたので ペルシャ100で検索すると当時たくさんの方がレスキュウ初期の頃の写真を載せて協力を呼び掛けていたことに気がつき改めてこの仔たちのことを心配してくださった方の多さに驚きました。ありがとうございます。

さて、ひとつひとつのブログを訪問させていただくと 初期の飼い主宅の猫たちの写真が埋蔵金のようにたくさん出ていました。 あ~この仔がいる! あの子がいる! 愛ボンもいます。 パステルキジみけファミリーは大方ひと固まりで見つかります。
あんずもいるクララもいる。レンもたんすの上に。。。
智花にそっくりなアコちゃんなどあちこちにいます。やっぱり目力に引き寄せられてあっちこっちで出没しています。
でも、智花はどこにもいません。目を皿のようにして探してみても。。。
唯一、KOTOブログにあった写真の中に箪笥と壁に挟まれている白黒ぶちが。。。
模様の配分が智花に似ているが小さくてよくわからない。。。
キララも。。。

不思議な仔です。飼い主宅でも存在感がないのです。。。
ねぇ。 ちったん、(最近は崩れて こう呼んでいます)君はあの頃どうしていたの?
か~さんの問いかけにちょっと反応した、ちったんは関係ないような顔をしてでっかい煮干しをがりがり食べています。 平和ジャの~~~。

愛ボンの決意

愛ボンがフリーになる前ですが、朝起きると愛ボンがケージから出ていることが何度もありました。
二段ケージを板で仕切って 愛ボンと智花のお部屋にしていたのです。
智花は閉所恐怖症なので扉はオープンです。調べてみても仕切り板が大きくずれていることはありませんでしたが… 考えられることは その仕切り板は下から無理やり強い力で押すと3センチほど上にあがるのです。 体はともかくどーやって このでか頭を通過させたんだろう???
直ぐ改良をくわえ 脱走不可にしました。

翌日から愛ボンはミソカちゃんが近くを通ると手で捕まえようとして必死になっていました。
それもかなわないとわかると、ふて寝の毎日 名前を呼んでも反応しません。
シャーも再発状態です。
ケージが窓際ということもあり 愛ボンの様子を観察していたお父ちゃんは そろそろフリーにした方がいいと。。。
かーさんはもう少しと思っていたのですが、なんとなく この仔は時間がかかるような気がして どうしたものか?
人間をいたずらに怖がることもなくなった。頭をなでられるのは怖いけど、お鼻から顔をなでられるのはOKになった。 朝のご飯のときゲージに戻ってもらおう ということでフリー宣言をしたのです。

ところが愛ボンはある決意をしていたのです。
愛ボン: 「かーさん。僕は二度とケージには戻りません! よろしく!」
かーさん: 「よろしくじゃね~よ! ケージでご飯食べてチョ!」

ミソカさんはえらい迷惑しているそうで・・・
やもなくかーさんの部屋に隔離して ご飯をゆっくり食べてもらいました。
まったく、とんでもない宣言をしてくれたものです。

先住さんとの相性

里子に迎えるにあたって 一番悩んだのは先住さんとの相性でしたね。
智花は女子なのであまり問題はないと思っていました。 案の定たいした問題は起きませんでした。
賢い子なので(ペルシャ100の女子は皆おりこうさんですね~)良く相手を観察して誰に甘えたらよいかを選択して行動していたようねす。慎重な行動が目につきました。

問題は男子ですね。家はミソカが故先住にいじめつくされてめげずに大きくなった子です。栄養障害もあり育たないかもしれないと言われ、背骨も直角に近く曲がっており 病院の先生からは良く普通の生活がしてこれたな~と言われちゃう子が生き抜いてきたのは食い気でした。
ほかの仔のように普通に餌が食べられません。
やっとくわえて口に入れても喉の奥に送り込もうと上を向いてアムアムするとほとんど飛び出てしまい胃の中に入ることはありません。空腹でいつもよだれを垂らしていました。毎日ご飯を食べることが目標に一日かけて格闘していました。 体重も軽く、その頃つけたあだ名が「カルカルちゃん」でした。

問題の先住がなくなった後 女子の海ちゃんを里子にしました。 ミソカは基本的にやさしい子なので
海が妹になって本当にうれしかったらしいです。
あそぼう!あそぼう!と誘いに来るミソカに海はソファーの背に立って辻説法。
その後低血圧低体温でぶっ倒れていたかーさんにかわって海を育ててくれたのです。

こんな愛すべきミソカを二度とつらい思いをさせたくないと思ったかーさんとお父ちゃんは ミソカを見送るまでは男子は我が家にはむかえない!と固く決意していました。
少なくとも 愛ボンに会うまでは。。。

決意ってなんでしょう???
案の定 空気読めない族の愛ボンはミソカ兄ちゃんが大好きらしく ミソカが歩こうとすると走って行っては甘え遮り、ご飯を食べようとすれば兄ちゃんのご飯を貰いたいと体当たりしていくのです。
愛ボンは栄養不足でぺちゃんこでしたが、体長は大きな差はありませんでしたので 愛ボンがあまえてスリスリすると ミソカはよろけてしゃがみこんでしまう始末。
とうとう ひどい下痢と嘔吐が何日も続き通院が始まりました。 お薬をのんでも回復しません。
レントゲンを撮ると腸の中がガスでいっぱい!
あ~~~。ストレスだ!
その頃、海ちゃんは微熱が続きくいしんぼうがまったく食べられず 変な咳?ごほごほげーげーで通院が始まる。原因がわかりませんでした。

やってしまったよ~。
思い切って先生に相談したところ、「寂しいだろうと思って連れてくるのはよけいなおせわなんだよね~。年取ってるんだから疲れてストレスになるんだよぉ。」  すいません。(反省)
先生は連れてきちゃったものはしょうがないよ。ミソカちゃんにも海ちゃんにもなれてもらわないとね。愛ボンのためにもミソカちゃんのためにも「ケージ」で長くて3ヶ月くらい飼いなさいとアドバイスをしてくれました。人慣れしていない仔にも必要なケージ生活なのだそうです。

愛ボンはケージ生活が嫌いではなかったようですが、ミソカ兄ちゃんには会いたかったようです。
一か月もするとミソカが愛ボンのケージの前で寝たり 会いに来たりするようになりました。
愛ボンはミソカ兄ちゃんが通るだけで 体をくねくねして萌え萌えでした。

一昨日で二ヶ月ちょっとケージ暮らしをした愛ボンはこの日にお部屋フリーになりました。
相変わらず空気読めない男ですが みんなにボコボコにされながら教育してもらっています。
今日はシェルターと同じケージの二段目を智花のお部屋にしているのですが 海を除く3匹が狭い中に団子に近い状態で気持ちよさそうに寝ている姿を目撃しました。

時間がひつようなんですね。ゆっくり ゆっくり あせらず その時できることをして慣れていけばいいんですよね。今はそんなふうに感じているかーさんです。
可愛い写真をUPしたかったのですが 間抜けなか~さん、シェルターにカメラ忘れました。(笑う)
だから カメラが届いてから更新しようかな?と思っていたのですが、3匹の寝姿を見たら数か月前のことが思い出されて振り返りたくなっちゃたんです。


追記
ミソカの下痢、嘔吐。 海の体調不良は愛ボンがケージに入って 丸一日たったら ぴた!と治ってしまいましたとさ。めでたし。めでたし。

シェルター訪問

昨日はシェルター訪問に行ってきました。
以前から会いたい仔にも会えたり、会えないと思っていた仔にも偶然会えたらり。
ハッピーな数時間でした。
でも、か~さん猫さんの扱いが下手だな~と再認識しちゃった。
愛しのてんちゃんにもあえてうれしかったな~。とてもきれいで大きくなっていました。
そーとなでてみた。。。シャーってしなかった。うれしい。
シェルター訪問の様子は 「午後ティー」で特集していますから、ねこまろさんのブログで楽しんでね。

さて、シェルターでお茶のみをしていた時話題になったのですが、皆さんがお腹が弱いとか下痢しやすいとか話していらっしゃいました。
か~さんは?????
家の智花と愛助は下痢したこともウンチが緩くなったこともありませんでした。
か~さんは在宅の仕事なのでほとんど家にいます。猫たちは今は茶の間から先には出られないようにしているので 昼間はさんさんと日が当っているからですかね~。
でも、シェルターの仔もお家の仔も寒さ対策は十分にしてもらっているしな~?
なんでだろう?

もしかしたら、

You are what you eat.  私たちの体は食べたもので作られるんですよね。
家は朝ごはんはドライフードなんですが、晩御飯は手作りなんです。
それも、ジョージくんとソフィーの大好きな。な~ま~に~く~
生肉とくず野菜のごはんはずぼらなか~さんにはうってつけのご飯です。
海ちゃんは生肉が嫌いなんですが、あとの3匹は大好き。
もしかして、ペルシャたちは今までの飼い主宅での食事環境を想像してみると、たべられたり、たべられなかったりして 自律神経系が弱くなっているのかな?
そうなると加工されたフード等では消化吸収が上手にできないのかもしれませんね。
生肉は消化もいいだけでなく腹もちもいいらしく 夜ごはんの後はみんな満足して安心した様子です。
か~さんは素人だし手作りご飯も始めたばかりなので これも単なる臆測なんですが。。。。
ちょっと気になったので書いてみました。
ほどほどに参考にしてくださいね。

みんなのお家の仔はどうかな?
参考意見などあれば コメントしてくださいね。
是非参考にさせていただきたいので。。。



最初の猫との出会い

私は子供のころから猫がこわい。犬好きでした。
細面のお顔に芸者のような後姿。。。
夜になったら耳まで口が裂けそう(きゃ~~~)って感じ。
お猫さんの方もそこらですれ違うと必ず「シャー!」って。。。
若い頃 ゴミ捨て場の近くを歩いていた、コンビニからの帰り道白いポリ袋を下げ そぼ降る雨の中を傘をさして歩いてたら 二匹の猫に襲われた。。。
恐怖だった。。。
平和だった新婚の頃 二階に住んでいたので夏場ベランダのサッシ開けたままで寝てしまった。
朝、低血圧の私は茶の間に行ってゴロンとしたら 目と鼻の先に白い物体が。。。
少しして白ネコと判明。パニックパニックパニックだよ~~~。
ぎゃ~~~~~って叫んで家じゅう走り回った。
お父ちゃんは犬も動物も大好き。報告を聞いて白ネコに会いに行ったが白ネコさんも私の悲鳴に驚いて消えてしまった。共働きの我が家、平日のベランダはあの子の場所だったんだね。
それから一年後引っ越した先で お父ちゃんは一匹の雄の仔猫を東急ハンズで500円で買ってきた。(もちろん相談もなく)
一緒に画策した主人んお故父はその日二子玉川の高島屋で高級すき焼き用の肉をたっぷり買ってきた。なんか臭うぞ!それに寿司までとってくれた!ますます怪しい。。。
すき焼きを食べ終えた頃、玄関の方で小さな声がする。。。
私が気がついた。なんだろう?
お父ちゃんは見つかって捨てられてはやばいと思い(ペット禁止のマンションでした)あわてて玄関に走って行った。手にしていたのは小さなケーキの箱。 その中から小さな生き物を手渡された。。。
なんだこれ?今の智花みたいにお鼻の下にシミが。。。
汚い眼やにだらけ。。。思わず手から力が抜けて ちびはそのまま床に落ちた。
ボー然とした。 お父ちゃんもその又お父ちゃんもご機嫌で寿司のネタを子猫に与えていた。
満腹になると落ち着かない トイレに連れて行くとお利口にそこで用を足した。目から鱗だった。
猫って家で飼えるんだ。。。
それでも翌日私は東急ハンズに「猫を返品したい旨」の電話をした。
「あの。お金はいりませんから猫返品させてください」
返事は簡単。「生モノのご返品は承れません」とのこと。なぜか納得した私。。。
ゴルデンウイーク明けに出社し同僚に泣きつく。
同僚からの返事は「私の友達で6畳一間で猫9匹飼っている友達に聞いてみたら 9匹も10匹も変わらないから飼ってやるよ~っていってるよ」と。
その答えを聞いて私はなぜか猛烈に怒りが込み上げてきた。。。
「わたせません!」なんと屈折した子供じみた態度。私が親なら一発けりを入れるところだ。が、これは現実です。すでに1週間の時が流れて チビに情が入ってしまっていた私の眼がキラと光ったのをこの同僚は見逃さなかった。「わかったよ~」 彼女のその一言で我が家の里子に決定したチビ。
顔が昔の芸人の「デンスケ」に似ていたそうだ。「でんすけ」それが本名となった。
それから3ヶ月後、でんすけはオカマになった。

え~~~。空耳???

最近ミソカ兄ちゃんが愛ボンのケージの水を飲む。ケージ開けてほしそーにしているミソカ。
扉を開けると全部飲んじゃう。その隣のベットで愛ボンはおとなしくしている。
激しく萌え萌えであまえるとパンチが飛ぶのがわかって来たらしい。。。
ミソカが出て行ったその後、か~さんが水を足していると 愛ボンと眼があった。
愛ボンいいこいいこ~。頭をなでてみた。シャー言わなくなってきた愛ボンはおとなしくなでられていた。電車の音や外の音に混じって何か聞こえる。。。
グルーグルーグルーって聞こえる。。。
え?まだ聞こえる。。。  確かにグルーグルーグルーって。。。
あ!   愛ボン喜んでいるんだ
昨日修行終了した智花だって聞かせてくれたことのない音。。。
ほっぺたつねっちゃおう~。 いった~~~い。
うわ~~~~~。遂にいったよ~。
もしかしたらミソカ効果かもしれないけど、頭なでたら始まった。。。
愛ボンの修行終了も近い。。。
いいことは一度にやってくるんだね。

もう家猫だね。

カメラを取りに行くと逃げてしまう智花ちゃん。
ケージ修行ができなくて家野良になるのを覚悟していましたが、急に近くに来るようになりました。
10センチくらいのところまで来ておねだりするように ジーっとみつめるマンマルお目目。
「なにたべてるの???」「お酢でしめたお魚だよ。チーちゃんは食べられないと思うよ」と鼻先に持って行って臭いをかがせる。。。ぺろぺろパク。。。
うっそ~~~。ためしにもう一個 もう一個 お酢だよ~。すっぱくないの???
ある日は大きな煮干し歯固めだな~。と渡せば、「おかわりないの?」CIMG0318.jpgCIMG0319.jpgCIMG0320.jpg



お魚が好きです。お肉は鶏肉が好きです。最近では自分のごはんを残しておいて おねだりに来ます。 もうもらえないとわかると残しておいたご飯を食べに戻るちゃっかりさんに変身しました。
頭なでようとすると逃げちゃうけど。。。
この仔は私たちを信頼しているのではないかと思うのです。もう修行はいりません。
我が家にきて3か月 確かに家の仔になりました。スリスリになるのは時間の問題です。
もう、智花はレスキュー猫じゃない。 こんなに近くで人間に甘えている。
不細工な御顔だな~と思っていたこの仔が、花が咲いたように輝いていた。(そう期待してつけた名前でした)
「この仔うちのこなんです~!」自慢したくなるような内面からの輝きを感じてならない。
よく頑張ったね。 これから長い日々が新たに始まる。
智花。改めてよろしくね。卒業です。 後はあなたの思うままに暮して行っていいんだよ。
限られた世界だけど、安全で平和で あなたを脅かすものはなにもない。。。

みなさん、智花の事応援してくださってありがとうございました。
思うようにならない智花に手を焼いて つらい時たくさんの方が励ましのコメントをくださいました。
皆さんがいてくださって本当によかった。支えてくださってうれしかったです。
CIMG0314.jpg


後は愛ボンの修行だけです。この仔は違った意味で時間がかかるかもしれませんが、私の中では もう何の心配もしていないのです。
もうしばらくの間 見守ってやってください。

あっ!やばい。。。

。。。

CIMG0312.jpg
智花ちゃん、緊張感のある顔です。 まずい!と思った時の表情です。
今日は海ちゃんの定位置 箪笥の上で主の居ぬ間にまったりしていた所を か~さんに見つかったチーちゃんです。
「おっ。チーちゃん さすが~。タンス猫だね~」と声をかけたらこの顔ですよ。
可愛いな~と思って なでなでしたら。。。 腰を抜かしていた。。。 悲しいです。
その後。。。CIMG0313.jpg
この場所はチーちゃんが我が家にきた日に見つけた隠れ家です。
今でも か~さんと会いたくないときはここで隠れてまったりしています。

テーブルをやめて炬燵もどき(炬燵がないので 座卓に布団掛けてるの 天盤がないので上に猫が集まる集まる上じゃなくてこたつの中に入るんだよぉ)を作ってみたら 猫たちとの距離が縮んだ。 智花が何気に近くにいたりして。。。 わ~~~。前進だぞ~って。。。
そう思ったのはか~さんだけだったの?????
他人行儀なチーちゃんです。

それってどうなの?

CIMG0310.jpg
リラックスしています~。チーちゃんたら扉を閉めると半狂乱になって大暴れするのにオープンドアだと勝手に自分の部屋にしてるの。ここで昼寝して、ここで食事して…
不思議な仔なんです。何もかもわかっているように、かーさんと眼が合うとケージに入ればいいんでしょ?とばかりに背伸びしてジャンプしてベットに行きます。
「かーさん、なんもいってないよ。チーちゃん」
ここにはいると全身で震えながらなでなでに耐えるのです。「なんでですか~」
でも、ここから出ると目があっただけでぶっ飛んで逃げるチーちゃん。
あ~~~かーさんには何だかわっかんね~。 お馬鹿でごめんね。(笑う)
わかってきたことは、かーさんが考えていたほど甘くない猫生だったってことだよね。


CIMG0311.jpg

最近の小さな変化は全身で震えることがすくなくなってきたこと。
そして、かーさんが台所に立つとすぐのぞきに来て兄ちゃん達と一緒になって催促聖歌隊の口パクで加わっていること。 そんな時、そーっと人差し指を鼻の所に持っていくと五回に一回くらいの割合でかすかに「鼻チョン」させてくれるようになったことかな?
チーちゃん、きっとすごーく頑張っているんだろうね。
もっと先でいいから、仲良しになろうね。
どんなお家に里子に行くより、きっとここがいいよ。愛ボンもいるもん。
それにさ。お父ちゃんもか~さんも君のことが大好きだ!
ずっと一緒にいようね。
私たちの方がきっと長生きするから。。。



さてさて、御用とお急ぎでない方はちょっと見て行ってくださいよ。
智花の姉妹猫がKOTOから「預かりっこクラブ」にやってきましたよ!
やっぱり肉の姉妹だね~。
おやりになることが一緒です。
一言、言っておきますが、誰でも出来るって業じゃないよ!!!
家の仔にして生で見ると超~~~可愛いです。間違いない!
はい!はい!12・29-3P1070159アコ
いっときますけど、ペルシャ100?140?広しといえども この技ができるのは 家の智花ね~さんとこのアコちゃんだけですから。。。 (大口叩いていますけど、違っていたら申告してね。)
さ~。アコちゃんですが、固まっちゃうところも智花ちゃんとそっくりです。ケージの中では抱っこもできるというところもそっくり。
もちろん!可愛いところもでっす。今なら 「あなたも」里親になれますよ~。
かーさんはアコちゃんのほうがおとなしい仔だと思います。
そして、髭なしでかわいこちゃんです~。(チーちゃんの髭はか~さんもお父ちゃんも大好きだよ!でも、美人さんか?って聞かれたら正直もんだからな~~~。困っちゃうな~)
ま。そんなわけで、 
シェルターに会いに来てね。

more...

プロフィール

でんすけママ

Author:でんすけママ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。